送金についての記事一覧- ページ 2 / 2 - ここに気をつけて!ビットコイン送金

HOME » 送金について

送金について

交換所でのビットコインの送金

実際にビットコインを購入する上で、交換所を使う機会は多いですよね。
ここは個人間の取引を仲介してくれる場所で、ビットコインの新規購入や換金など、いろいろ場面で使います。
そしてこの交換所を使うには、利用前に作った専用のウォレットに入金をしないといけません。
これらウォレットも基本的にはインターネット上にしかない仮想のものですから、ここに入金するためには、何らかの方法で送金をすることになります。
Click≫ 『交換所でのビットコインの送金』

送金で必要なビットコインのアドレスとは

ビットコインを送金するとき、つきものなのがアドレスです。
これはなんでしょうか?
これは各ビットコインの所有者を見分けるための情報で、ビットコインの送付や受取もこのアドレスを使って行います。
これはちょうどメールアドレスのようなものです。
インターネット上でメールを送りたいときは、相手のメールアドレスに向けてメールを送りますよね。
アドレスさえ間違えなければ、送りたい相手へとメールを送れます。
Click≫ 『送金で必要なビットコインのアドレスとは』

ビットコインの送金に失敗したら

実体のないビットコインをやり取りするときs、誰かから誰かへ、ビットコインを送金するという手続きを取ります。
これでビットコインのやりとりができるわけですが、これに失敗したらどうなるのでしょうか?
絶対に知っておきたいこととして、ビットコインの送金に失敗すると、その仮想通貨を失うことが多いです。
基本的にこれを送るときは、そもそも失敗しないように細心の注意を払って送金するのが基本だと、よく覚えておくといいです。
Click≫ 『ビットコインの送金に失敗したら』

ビットコインの送金キャンセルはできる?

自分で送金の処理ができるのがビットコインの特徴ですが、この処理をしたあと、それをキャンセルしたいときもありますよね。
これは可能でしょうか?
実はこれはビットコインの送金にあたって注意したいことなのですが、正式に送金を決定した場合、これのキャンセルは原則できません。
Click≫ 『ビットコインの送金キャンセルはできる?』

ビットコインが送金されない

どこかへ送金したいとき、手続きはしたものの、送金されないといったトラブルはたまにありますよね。
ビットコインでもこれと同じようなお悩みの声はよく見られます。
比較的よく見るのが、送金の手続きは実行したものの、いつまでたってもその送金が送り先に反映されないといったもの。
送金されないまま、処理が宙に浮いているような形になっているわけです。
Click≫ 『ビットコインが送金されない』

ビットコインの送金手数料

銀行で送金するときには、送金手数料がかかるのが普通ですよね。
ではビットコインではどうかというと、銀行などのように、一定の手数料が絶対にかかるわけではありません。
それはなぜかというと、銀行のような仲介機関がないからです。
ビットコインは、特定の国や金融機関が管理している仮想通貨ではありません。
そのため、銀行といった管理組織がそもそも存在しないのです。
Click≫ 『ビットコインの送金手数料』

ビットコインの送金時間

今ビットコインが入っているウォレットから別のウォレットへこれを送金するとき、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?
これが完了するまでにかかる時間のうち、送金手続きを終えるまでにかかる時間は、ほとんどありません。
慣れた人なら1〜2分程度で完了することも多いくらいです。
なぜなら、これの手続きとは今ビットコインが入っているウォレット内での操作になり、どこかへ来店する必要等も特にないからです。
今使っているウォレットの画面にログインさえできれば、あとはそちらの画面操作だけで送金ができます。
Click≫ 『ビットコインの送金時間』

ビットコインの送金方法

ビットコインはただ持っているだけではなく、別のウォレットまで送金する機会も多いです。
しかし実際の貨幣も硬貨もないビットコインを送金するとは、方法はどのようになるのでしょうか?
これは電子データ上にある仮想の通貨ですから、これを送金するときも電子データ上での操作になります。
Click≫ 『ビットコインの送金方法』