交換所でのビットコインの送金 - ここに気をつけて!ビットコイン送金

HOME » 送金について » 交換所でのビットコインの送金

交換所でのビットコインの送金

実際にビットコインを購入する上で、交換所を使う機会は多いですよね。
ここは個人間の取引を仲介してくれる場所で、ビットコインの新規購入や換金など、いろいろ場面で使います。
そしてこの交換所を使うには、利用前に作った専用のウォレットに入金をしないといけません。
これらウォレットも基本的にはインターネット上にしかない仮想のものですから、ここに入金するためには、何らかの方法で送金をすることになります。

すでに自分が持っているビットコインを、この交換所で換金したり、別の仮想通貨へ交換したりするには、こちらのウォレットにまずビットコインを送金します。
このときの方法も、基本は同じです。
自分がその交換所で作ったウォレットにはアドレスがありますから、そちらに向けて送金する形になります。
送金元は、ビットコインが現在入っているウォレットからですね。

これからビットコインを送りたい交換所のウォレットのアドレスですが、これは操作メニューの中で確認できます。
メニューの中にビットコインを受け取るというメニューがよくありますから、そちらを選択すると、そのウォレットのアドレスが表示されます。
そのアドレスに向け、送金元となる現在のウォレットから送ると、交換所のウォレットに入金ができるのです。
基本的な送金の流れなどは変わりませんから、しっかりとアドレスを確認して、送金の手続きを進めてください。

この流れは別の交換所からの送金でも同じです。
今持っているビットコインが、別の交換所のウォレットに入っていることもあるでしょう。
このようなときは、PCなどに作っている自分のウォレットに一度出金し、それを再度入金という手続きにすると、送金を2回やる形になります。
この手間を省きたいときは、今ビットコインが入っているウォレットから、ダイレクトに別の交換所のウォレットのアドレスを指定し、送金すると、1回の手続きで入金できるのです。
ただし、送金がうまくいかなかったとき、双方の交換所で責任の所在があいまいになりやすい方法でもあります。
確実に送金したいときは、PC等に作った自分のウォレットを経由して、新規に交換所のウォレットへ入金すると確実です。

交換所でのビットコインの送金はこのようになり、やり方が特殊といったことはありません。
アドレスを指定して送金といういつもの流れになります。
特に注意したいのは、各交換所のウォレットのアドレスをしっかり確認すること。
ここを間違えなければ難しいことはありません。