ビットコインの送金方法 - ここに気をつけて!ビットコイン送金

HOME » 送金について » ビットコインの送金方法

ビットコインの送金方法

ビットコインはただ持っているだけではなく、別のウォレットまで送金する機会も多いです。
しかし実際の貨幣も硬貨もないビットコインを送金するとは、方法はどのようになるのでしょうか?
これは電子データ上にある仮想の通貨ですから、これを送金するときも電子データ上での操作になります。

ビットコインはウォレットという管理ソフトを使って管理するのが基本ですよね。
そのソフトには、ビットコインを操作するメニューがもれなくついています。
その中の1つに、送金に関するメニューがあるのです。
そのウォレットに入っているビットコインをどこかへ送りたければ、このメニューから送金を選んで選択し、決定します。

この操作に間違いがなければ、それで送金の手続きは完了です。
つまりPCやスマホ、webブラウザなどのソフトでの操作だけで、この手続きは完了するのです。
自分でどこかへ来店したりする必要はありません。
非常に簡単にビットコインを送れます。

とはいえ、具体的にどんな操作になるのかは気になりますよね。
これはまずビットコインを送るために、送り先を指定します。
これをきちんと指定できないと、送ったビットコインがどこへ行くかわかりませんから、自分が今送りたいと思ってる宛先を間違えないように入力します。

次に、送りたいビットコインの数量を指定してください。
ウォレットに入っているすべてのビットコインを送ってもいいですし、一部だけ送ってもOKです。
一部だけのときはきちんと数量を指定しないと、すべて送金されることがありますから、注意してください。

一度に送金できる量に制限があるかというと、ある場合もありますが、よほど大量のビットコインを所有していない限り、送金量を制限されることは少ないです。
仮に制限を受けたとしても、それはその日の上限に引っかかるだけで、翌日にはまた一定量のビットコインを送れるようになります。
制限に引っかかるほど大量のビットコインを持っている人は、2日間に分けて送金する場合もありますから、スケジュールには余裕を持たせておくといいでしょう。

ビットコインの送金方法とはこのように、宛先や送金量を指定して決定するだけですから、非常に簡単です。
大事なのは送金の宛先になるでしょう。
これはどうやって調べるのかというと、受取先になるウォレットにその情報がありますから、それをチェックする形になります。
ビットコインは自分が持っている複数のウォレット間での送金事例が多いですから、これから送りたいウォレットの宛先を自分で調べ、そちらへと送ってください。