ビットコインの送金に失敗したら - ここに気をつけて!ビットコイン送金

HOME » 送金について » ビットコインの送金に失敗したら

ビットコインの送金に失敗したら

実体のないビットコインをやり取りするときは、誰かから誰かへ、ビットコインを送金するという手続きを取ります。
これでビットコインのやりとりができるわけですが、これに失敗したらどうなるのでしょうか?
絶対に知っておきたいこととして、ビットコインの送金に失敗すると、その仮想通貨を失うことが多いです。
基本的にこれを送るときは、そもそも失敗しないように細心の注意を払って送金するのが基本だと、よく覚えておくといいです。

まずビットコインの送金の失敗として非常によくあるのは、送る先を間違えたというもの。
お店など対面でお金を受け渡しすれば、目の前にいる取引相手以外に間違えてお金を渡すといったことは少ないですが、ビットコインは違いますよね。
これは実体のない仮想通貨で、やり取りする相手と直接対面するわけでもありません。
これをやり取りするときは、相手への送り先を確認し、その送り先を入力して送信する形になります。

このようなやり取りでは、送り先を間違えないことが大前提となりますが、意外とこれを間違えやすいのです。
といいますのも、ビットコインの送り先情報となるのは、数字とアルファベットの無意味な羅列になるからです。
これを1文字でも間違えて入力すると、それはもうまったく違う送り先となります。
入力したとき、指がどこかにあたって違う文字が1文字追加されたり、逆に必要な文字が1つ消えたりするだけでも、送り先を間違えることになるのです。

実際にビットコインを送るときによくある事例なのですが、このようにして違う送り先にビットコインを送金した場合、それは失敗になりますよね。
このときどうなるのかというと、その送り先が実在していた場合、その相手にビットコインが送られます。
ビットコインの受取には宅配便のように本人確認もありませんし、受領のための印鑑もサインも必要ありません。
そのため間違えて送金したときもそれがどこかで発覚し、その手続きがストップすることもなく、指定した送り先まで機械的に送金されるのです。

このようにして間違って送金したビットコインは、返してもらえるのでしょうか?
これは返金されないことの方が多いです。
これを返してもらうには、間違って送ったその相手から自分の元まで送り返してもらわないといけませんが、そもそも意図せずに送ったそのアドレスがどこの誰のものなのか、わかりませんよね。

仮にそれがわかったとしても、間違って送ったビットコインを返すかどうかは、相手の自由です。
誤送信されたビットコインは必ず返さないといけないといった、制度上の決まりはありません。
そのため送金に失敗した場合、結果的にビットコインを失うことが多いのです。