ビットコインが送金されない - ここに気をつけて!ビットコイン送金

HOME » 送金について » ビットコインが送金されない

ビットコインが送金されない

どこかへ送金したいとき、手続きはしたものの、送金されないといったトラブルはたまにありますよね。
ビットコインでもこれと同じようなお悩みの声はよく見られます。
比較的よく見るのが、送金の手続きは実行したものの、いつまでたってもその送金が送り先に反映されないといったもの。
送金されないまま、処理が宙に浮いているような形になっているわけです。

このようなトラブルが起きたときは、まず待つのが基本です。
ビットコインの送金には比較的時間がかかることがあります。
長いときには数日間、ずっと処理待ちの状態が続き、送金されないままとなったりします。
このようなときは、ひたすら待つしかありません。

なぜこのようなことが起きるのかというと、理由の1つは、同じように送金しようとしている人が多く、それらデータの処理に手間取るためです。
各送金のリクエストがきちんと承認されると、送ったビットコインが反映され、送金された状態となります。
このためにはデータの処理を待たないといけません。
ビットコインの取引量が増えるほどこの待ち時間も増えますから、これは注意してください。

このほか、手数料に応じて優先度が変わることがあります。
ビットコインの送金には任意の手数料を設定できますが、これが低すぎると、データ処理の優先度も低くなり、待ち時間が長引きやすくなります。
ずっと送金されないままになっているときは、この手数料を低くしたのが原因だったという事例も多いですね。
送金されないといった事態を避けたいときは、相場通りの手数料を払うといいです。

このようにきちんと送金の手続きはされているものの、その処理が追い付かないために送金がなかなかされないことが多いのですが、そもそも送金の手続きがきちんとなされなかったとき、いつまでもお金が送られないといった事態が起こります。
これがよく起こるのは、取引所のウォレットから外部へ送金しようとしていたときです。
宛先のアドレスを間違え、存在しないアドレスに送ろうとすると、その処理が実行されずに処理が止まっていることがあります。
そのため、いつまで送金されないままの状態が続くのですね。

ちなみにこのときは例外的に、その送金処理を取消できることがあります。
これにはその取引所へ問い合わせればOK。
その取引所の中で止まっていた手続きなら、取引所まで頼むことで送金手続きを取消できます。
実行したはずの送金がいつまでも反映されないとき、このようなことを考えてみてください。